書評

【仮想通貨・書評】仮想空間で不動産投資?【初心者におすすめ本】

悩んでいる人

仮想空間で不動産投資?

悩んでいる人

NFTってなに?」

悩んでいるねこ

ブロックチェーンとは?」

 

仮想空間の土地が、かなりの高額値段で売買されています。
NFTも盛況で1300万円で落札された事実。
仮想通貨もよく知らないのに、置いて行かれた気分でしょう。
1つ1つ自分のペースで知り学ぶことをおすすめします!
今後知っておいても損はしないでしょう。

解決うさぎ

 

本から得られるものを提示

仮想空間で不動産投資?を読んでわかること

・ブロックチェーンのこと
・NFTのこと
・デジタル通貨のこと
・デジタル資産のメリット・デメリット
・デジタル遺産のこと

 

本の概要

ゲーム空間「The Sandbox(サンドボックス)」の土地や施設を
賃貸してインカムゲインで稼いでいる。
売却してキャピタルゲインで儲けた。

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」で
日本人アーチストのデジタルアートが
1300万円で落札された。

デジタル資産が高騰し続けている。

そんな今まで聞いたことのない種類の話題が
連日ニュースで取り上げられています。

これは参加しなきゃ損なヤツ。
この波に乗りたい!

そう思っても、
分からない言語だらけで
ハードル高すぎではないですか?

The Sandboxも
OpenSeaも
Ethereum(イーサリアム)という仮想通貨の
ブロックチェーンを使っています。

The Sandboxは、
SAND(サンド)というトークンがゲームコインとして使われており、
ここにイーサリアムブロックチェーンが利用されています。
ユーザーはプリセールで売りに出される土地を買ったり、キャラクターやアイテム・ゲームを作成したり、取引したりできます。
アイテム・キャラクターが資産になり、
自由に売買可能な
ブロックチェーンゲームと呼ばれています。

OpenSeaは、
NFT取引をするための最大のプラットホームです。
仮想通貨イーサリアムと
ウォレット(専用財布) 「MetaMask(メタマスク)」が
参加するために必要です。

イーサリアムを取引所で購入し、
メタマスクに送り、
それを使って
デジタル資産を取引します。

こんな、未来を垣間見るような世界を
この本では分かりやすく解説していきます。

 

 

気になったポイント【その1】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

VRなど少しずつ仮想の世界が近づいていると思っていた

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

コロナの拡大は仮想の世界をかなり発展させた1番の要因だと思った

 

今後の行動

 

コレからDO!

仮想世界の今の状況を探る

 

気になったポイント【その2】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

ダボス会議での「グレート・リセット」という動き自体知らなかった

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

世界の偉い人が集まるダボス会議での「グレート・リセット」という 動きは世の中を”仮想”の世界へと発展させる要因になると感じた

 

今後の行動

 

コレからDO!

ダボス会議での「グレート・リセット」のことを調べる

 

気になったポイント【その3】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

デジタル遺産のことを知らなかった

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

デジタル遺産に興味がわいた

 

今後の行動

 

コレからDO!

デジタル遺産についていろいろと調べてみる

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨に限らず、
"仮想"という言葉がつくものが流行っていくでしょう。

仮想空間の土地がリアルの不動産のように売買されていることが
それを証明しています。

早めに知っておくというアドバンテージを取っておいても
損はないでしょう。

仮想が流行るわけないと思っていると出遅れる可能性が大です。

ありえなないなんて、ありえなないですよ♪

 

-書評
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨ってなんだ!? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.