書評

【仮想通貨・書評】仮想通貨とフィンテック世界を変える技術としくみ【初心者におすすめ本】

悩んでいる人

仮想通貨を知って何も変わらないでしょ?

悩んでいる人

ビットコインを知る必要性は?

悩んでいるねこ

フィンテックとか関係ないよ!

 

仮想通貨・フィンテックがありふれた未来。
未来というと数十年先のこととイメージがあるでしょう。
その日常は数年後とわりと早いのです。
今は感じませんがちょっと先に実感できます。
現時点で比べると世の中は大きく変わっているでしょうね。
時代の波や変化に対応するために知っておきべきだと思います。

解決うさぎ

 

本から得られるものを提示

仮想通貨とフィンテック世界を変える技術としくみを読んでわかること

・仮想通貨とは何か
・ポイントカードち仮想通貨の違い
・ブロックチェーンのこと
・ビットコインとは何か
・フィンテックとは何か

 

著者のプロフィール

苫米地 英人
1959年、東京生まれ。認知科学者
(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。
カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、
コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、
苫米地国際食糧支援機構代表理事、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、
米国教育機関TPIジャパン日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) -

 

本の概要

注目を集めているフィンテック、仮想通貨。すでにメガバンクが仮想通貨を発行すると宣言しているが、これは私たちの生活に大きなインパクトを与えることになる。何がどう変わるのか?ビジネスチャンスはどこにあるのか?いまフィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来を語る!

目次
第1章 仮想通貨とは何か
第2章 仮想通貨は暗号通貨
第3章 ビットコインとは何か
第4章 ベチユニットと苫米地アルゴリズム
第5章 仮想通貨が導く未来像

 

 

気になったポイント【その1】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

仮想通貨やフィンテックが格差をなくすような存在とは思ってもみなかった

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

仮想通貨やフィンテックが格差社会を格差がない社会へと 修正していく力を持っていることに驚いた

 

今後の行動

 

コレからDO!

ビットコイン仮想通貨を「投機目的」と見ずに 幅広い可能性を探ってみる

 

気になったポイント【その2】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

ブロックチェーンは、まったく新しい技術だと思っていた

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

ブロックチェーンの考え方が、 1990年代からすでにあったことに驚いた

 

今後の行動

 

コレからDO!

1990年代ブロックチェーンの考え方が どう扱われていたかを調べる

 

気になったポイント【その3】

 

今(過去)の自分

 

ココがポイント

仮想通貨「ベチユニット」を知らなかった

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

1990年代に開発された仮想通貨「ベチユニット」に興味がわいた

 

今後の行動

 

コレからDO!

1990年代に開発された仮想通貨「ベチユニット」についてもっと探る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨・フィンテックは世の中にすんなりと受け入れられて
欠かせないものとなるでしょう。

そうなった時よく知らないが、使い方いる状態と
そうでない状態では大きく異なると思います。

もしかしたら、知らないと不都合が出る可能性だってありえます。

知っていればアドバンテージをとれるでしょう。

まだ知り学ぶチャンスはあります。

サックと新しい技術を使いこなしちゃいませんか♪

-書評
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨ってなんだ!? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.