書評

【仮想通貨・書評】トコトンやさしいブロックチェーンの本【初心者におすすめ】

悩んでいる人

ブロックチェーンことについて知りたい

悩んでいる人

勉強するのは難しそう

悩んでいるねこ

文章だけでは理解できないのでのではないか

 

難しく言葉だけで説明されている本があります。
図やイラストがない本では、なかなか理解しにくいでしょう。

解決うさぎ

 

本から得られるものを提示

トコトンやさしいブロックチェーンの本を読んでわかること

「トコトンやさしいブロックチェーンの本」は
多くの図表があり分かりやすい一冊となっています。
直感的に理解できるでしょう。

 

著者のプロフィール

上野仁
1959年三重県に生まれる。1984年山梨大学大学院修士課程修了、日立製作所入社。
1992年技術士(情報工学部門)。2011年博士(工学)(山梨大学大学院)。
2015年第一工業大学東京上野キャンパス(情報電子システム工学科)教授。
一貫して情報システム技術の研究と製品開発に従事
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

本の概要

 

目次

序章 仮想通貨の発明でブロックチェーン技術が誕生

第1章 ブロックチェーンって、どんなしくみなの

第2章 文字通りブロックチェーンの鍵になる暗号技術

第3章 仮想通貨のしくみ

第4章 ビットコインのしくみ

第5章 仮想通貨のセキュリティ

第6章 フィンテックとブロックチェーン

 

気になったポイント

今(過去)の自分

 

ココがポイント

ブロックチェーンと言葉は知っていました。 しかし、そのしくみについては全く知らなかったです。

 

本を読んで◯◯に気づいた

 

ココに気づき

ブロックチェーンという技術は 仮想通貨以外に使われるようになると感じました。 入門書であるこの本を読み終えれば、 もう少し難易度の高いブロックチェーンの本を読んでも理解しやすいと思います。

今後の行動

 

コレからDO!

ビットコイン仮想通貨に対してアンテナを はっていこうと思います。 また、自分からニュースなどを積極的に調べ、 今後どうなって行くかチャックします。

 

まとめ

ブロックチェーンはなんだか難しいと思って
何も勉強しないことはもったいないでしょう。

この技術は今後、仮想通貨以外にも使われると思います。

(もう使われ始めています。)

それだけすごい技術です。

聞きなれない言葉も出てきて、専門用語も多いです。
しかし、入門書としてはやさしいと思いますので、
この本を手に取ってはいかがでしょう。

-書評
-, , , , ,

Copyright© 仮想通貨ってなんだ!? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.